離婚相談を専門的に扱っている弁護士に相談する

暮らしに関わる法律の問題は専門家に相談できる

賠償金について

交通事故でむちうちになったら

交通事故でむちうちになる人は多いです。むちうちになると、加害者側は保険会社の人が交渉の場に来ることが多いです。通常、交通事故は、むちうち3か月、打撲1か月、骨折半年くらいを目安に賠償することが多いようです。ですが、むちうちはかなり年月が経ってからまた具体が悪くなるということもあります。後遺症も、すぐに出るとは限りません。従って、交通事故でむちうちになったら、自分や家族で交渉するのではなく、弁護士に示談交渉をお願いして治療に専念した方がストレスからも解放されます。 弁護士費用については、加入している保険に弁護士特約が付いていれば無料ですが、ついていない場合は、費用が掛かります。費用は弁護士によって違いがあります。着手金0円、成功報酬20000円プラス回収額の8〜10%という場合もありますし、着手金30万円という場合もありますので事前に確認してください。また、インターネット上で、ホームページなどに料金体系を載せている法律事務所も多いので参考にしてください。

賠償内容と治療費及び慰謝料について

むちうちの場合、治療費だけで賠償してもらえば済むというわけではありません。交通事故による精神的苦痛もあります。後遺症への保障問題も生じます。また、家事をしなければならない人なら、出来ない期間どうすればよいのか、仕事をしているなら休業期間の収入はどうすれば良いのかといった問題も生じます。これらを総合的に判断して、治療費の請求や慰謝料の請求をしなければなりませんので、早めに弁護士に相談した方が良いです。 尚、車を運転する人は、一般的には何らかの保険に加入しています。ですが、加入している保険が、交通事故のリスクにどこまで対応しているのか、内容を確認することをお勧めします。近年、弁護士特約付きの保険も増えてきました。交通事故にあった時、弁護士を探すのも大変ですので、弁護士特約を利用することも検討してください。

Copyright (c) 2015 離婚相談を専門的に扱っている弁護士に相談する all reserved.